株式会社トランスヒューマン

ラジオ・ナビゲーター、クリス智子さん。その声に、多くのリスナーのこころは心地よくなる。

1+

なかなか秋の気配が訪れない10月初旬、僕は六本木ヒルズのFMラジオ局、J-WAVEにいた。

目の前には、人気ラジオ・ナビゲーターのクリス智子さんがいる。

 

「J-WAVEでナビゲーターを始めたのは、大学を卒業してから1か月後の5月からです。

新番組のナビゲーターを探していたようで。紹介で、面接に行ってみない?と言われて、それがきっかけだけど、まさか私がやるとは思ってもみなかった。

夕方18時から20時の生放送で、最初の1年は週1、2年目からは週5になりました。

が、そこでいったん、考える時間を設けたほうがいいと思い、ラジオからは一度身を引いて1年ほどした後、小山薫堂さんとレギュラー番組をやりはじめたら、そこで、何でもありでいいのかな。

自然な自分を出してもいいのかな、という気持ちになって、楽しいと思えたんです。」

 

クリスさんのお声を聴いていると落着いてくる。

ポジティブな気持ちにもなってくる。僕は、ポジティブ・ボイスと呼んでいる。

 

「声は、自分の中では一部ですが。でも、私も人の声を聴くときは、確かに敏感になっていますね。いい声とか、落着く声とか、思うことはありますね。

自分の声がどう届いているか、は、おそらく本人だけでは分からないと思うので。

私自身も、リスナーの側に立って、どういう声、どういう内容が聞こえてきたらいいか、俯瞰して、客観的に考える、という感じです。」

 

生放送は、毎日がライブじゃないですか。その緊張感は、ものすごいものがあるのでは?

「ラジオの生放送は、いまの時間を生きていることだと思います。

いましゃべっている、いまつい言っちゃったとか、そういうことってすごく大事だと感じていて。

今しかないという、それってすごく生きているという感触なんですね。

そして、生放送では、何を言うかより、反応ですね。ゲストの方の話の何に対して、私が何を言えるか、ということを大事にしています。

それは会話という表現だから、自由で、脱線もして、一回の放送の中で完結させるなんて思っていないです。

一回で全部伝えなきゃとは考えていないです。それのほうが自然だなと思うんです。」

 

とても素直な自然体でナビゲーターをやられているクリス智子さん。

 

「ナビゲーターは、私にとって日常の延長ですね。スタジオにいないときも、同じ感覚で人に会ったりしているし。

日常の延長の空気を、聴いている方も感じとってくれたら。」

自然派・ラジオ・ナビゲーター、クリス智子さん。

ラジオ・ナビゲーターにかけるまっすぐな想いが、その大きな瞳から純な輝きを放って、いつまでも眩しかった。

現在、クリス智子のJ-WAVE 「GOOD NEIGHBORS()()13001630 放送中!

撮影:松谷祐増(株式会社東京フォト工芸)

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です