株式会社トランスヒューマン

J-WAVEナビゲーター、声の新星、前田智子さん。尊敬するナビゲーターは、クリス智子氏。そして、前田さんは、なんとソフト鉄子さんだったのです。

前田智子さんは、深く呼吸をすると、言葉を慎重に選びながらゆっくり語ってくれた。

「尊敬するナビゲーターは、やはり、クリス智子さんですね。大先輩ですし。

クリス智子さんは、ものすごく深く考えてしゃべっていらっしゃるのがわかります。

私もオンエアの前に、こういう風にしようと、自分に言い聞かせるんだけど。オンエアになると、とんでいってしまうんですね。

いつも手帳に今日、気をつけることを書いておくんですが。手帳を見るのをつい忘れてしまうんです。」

前田智子さんは大きな志をもっていると思う。その志にむけて、一歩一歩、亀の歩みのようにすすみはじめているのだ。

ひたむきでまっすぐな視線から、そのこころが感じ取れる。

「私、電車が大好きなんです。特に特急電車が好きなんですよ。」

 

前田さんが好きな鉄道の話をはじめたので、まわりが人々の笑い声で場が和む。

「ソフト鉄子なんです。特に長距離の特急電車にポ~ッとしてしまいます。新幹線も好きです。

行けるものなら、どこまでも電車で行きたいんです。新幹線はよく乗っていて、特にはやぶさはいいですよ。

かっこいいし。新幹線は、あの流線形がたまらなくかわいい。爬虫類っぽいデザインも素敵。

リニアモーターカーは、今からめちゃくちゃ楽しみにしています。電車も顔があるじゃないですか。

いま中央線のあずさが気になっていて。あずさが変わったということを知らなくて。

新しいあずさを見たとき、キリッとしてかっこいい顔だなと思ったし。乗ってみなきゃいけないと思っています。

地方では、名古屋から飛騨の高山に向けて走っている『特急ひだ』が気に入っています。

椅子がフカフカで一段上になっているから、窓がちょっと下に見えて、ずっと展望台にいるみたいなんです。

電車に興味を持ち始めたのは、昔、世田谷に住んでいたときからですね。世田谷線が旧型車両から新型車両に変わったんですけど。

中学のとき、『いかに旧型車両がよいか』をテーマに作文を書きまして。作文コンクールで佳作をもらいました(笑)。

旧世田谷線、大好きだったんですよ。海外の電車もいいですね。ヨーロッパの電車にすごく興味があります。」

視線が鋭い光の束のようになって、熱く、電車を語る前田さん。まさに前田ソフト鉄子智子さんだ。

「私がいますごく好きなピラティスは、ダンスを勉強しているときに、大学で習いました。

当時はあまり興味をもてなかったのですが。日本に帰ってきて、モデル友達に、ここの筋肉が落ちてきて、と、

相談を受けるようになって。こういうふうにした方がいいよ、と、独学で今まで自分を鍛えてきた知識から、

アドバイスをしていたんですけど。自分の身体について勉強はしてきたけど。人に教えるってことを勉強してきていないから。

教えることってどうかなって考えてしまって。ダンスをやってるころは、毎朝、レッスンで、今日は腰が痛いな、とか。

ここが動きづらいな、とか。自分と向きあう時間があったんですけど。それがなくなっちゃったんで。

ピラティスで今日の自分がどんな感じか対話する時間を創ろうと。それと人に教えるために、と。ピラティスの資格をとったんです。」

ピラティスと前田さんはわかる。が、前田智子さんが、ソフト鉄子さんだとは、驚いてしまった。

 

しかし、そこが人間のチャーミングなところだし、

 

たまらなく魅力的なところだと思う。

 

その人から、予想もできない、考えられないことを見つける。えっ!!

 

だから、人間は、おもしろい。

 

現在、前田智子のJ-WAVE 「MAKE MY DAY」毎週日曜日・朝6時~9時 生放送中 (2019/4~)

 

 

撮影:桑原克典(株式会社 東京フォト工芸)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です