株式会社トランスヒューマン

人気女優の広瀬すずがコメディ映画に初挑戦。2日間だけ死んじゃう薬を飲んだクソオヤジを相手に、広瀬すず演じる反抗期真っ只中の女子大生が、ドタバタと巻き起こすリズミカルコメディ映画。

旬の女優、広瀬すずが「クソオヤジ!!」と叫ぶ。もうそのシーンを観るだけで。この映画「一度死んでみた」は必見の価値がある。

いまキラキラ輝いているイケウーマン女優の広瀬すずが、絶対、言わなそうな言葉「クソオヤジ!!」「死んでくれ!!」と

大声で張り上げる。なんか観てはいけないシーンを観てしまったみたいで。ビックリのような、恥ずかしいような。

そんなセリフを考えたのが、脚本を担当した電通のCMプランナー澤本嘉光氏。

澤本氏は、ソフトバンクの犬のお父さん「白戸家」シリーズのCMを手掛けている売れっ子クリエイター。

禁断の実を食べるように、広瀬すずの口からは過激なセリフが幾度も出てくる。

今までにない広瀬すずのNew Versionを楽しめる映画でもあるのだ。そして、クソオヤジと叫んでいながらも、

父親、計に死なないでほしいと懇願する野畑七瀬。父親と子のこころを描いた親子愛の映画でもある。

ぜひ、直接、映画館へ出かけて大画面で観てほしい。

~あらすじ~

大学4年生の野畑七瀬(広瀬)は、製薬会社社長の父親の計(堤真一)が大嫌い。デスメタルバンドのボーカルでもある野畑七瀬は、ステージから、父親のこころに向けて、「一度死んでくれ~!!」をシャウトして毒づいていた。ところがある日、偶然できてしまった「2日間だけ死んじゃう薬」を、父親、計が飲んでしまう。そして本当に一度死んでしまう。裏では、計の製薬会社の乗っ取り計画がライバル会社によってすすんでいた。存在感がなくゴーストのような製薬会社社員・松岡(吉沢亮)とともに「乗っ取り計画阻止」に挑む野畑七瀬。はたして、どうなってしまうのか。

この「一度死んでみた」という映画は、リズムがイノチの映画である。セリフ、動き、映像がとてもリズミカル。

監督は、KDDI/auの人気CM「三太郎」シリーズを手掛けるCMディレクターの浜崎慎治氏。

広告業界のクリエイターが創り出すCMのリズムがこの映画には活きている。音楽を聴くように心地よく観ることができる。

リズミカルコメディ映画なのだ。

反抗期女子大生役の広瀬すずにニヤニヤッとし、

存在感がない社員役、吉沢亮にキャハハハとし、

死んで、お化けになってしまう役、堤真一にガハハハッとなる。

まさに、これが最新であり、また旬でもある、

日本のエンターテイメントの真っ直ぐな姿だと、

歓喜の雄叫びをリング上からあげたくなる映画なのだ。

「一度死んでみた」

2020年3月20日 (金・祝) 公開

©2020 松竹 フジテレビジョン

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です